【佐渡汽船の株主の行方は?】佐渡汽船株式会社(新潟県佐渡市)の上場廃止後、株主は本当に5社になるのか、佐渡汽船の株主の行方を占う/旅行観光業】

佐渡汽船株式会社(新潟県佐渡市)は東京証券取引所への上場が5月6日付で廃止となり、最終売買日となった2日の終値は、前日より6円安い44円でした。
佐渡汽船株式の66.7%を保有する筆頭株主の、みちのりホールディングスでは今後、新潟県、新潟県佐渡市、第四北越銀行、佐渡農業協同組合以外の株主から1株30円で買い取りを進めていく方針です。

一方、佐渡汽船は、先月26日開催の取締役会において株主優待制度の改定を決めました。
変更前は、保有株式1,000株につき、株主優待乗船券引換点数券(無記名式)2点券を1枚の割合で発行していましたが、変更後は保有株式5,000株につき、株主優待乗船券引換点数券(無記名式)2点券を1枚の割合で発行するといいます。

対象となる株主は、変更前も変更後も毎年12月31日現在の株主名簿に記載または記録された株主となり、改定の適用は今年12月31日時点の株主からとなります。

2点券の利用例を見ると、新潟—両津航路のカーフェリー車両航送で見ると、点数のみで乗車する場合は14点あれば現金は不要です。
点数と現金を併用する場合は「2点+1万4,000円」、「4点+1万2,000円」 、「6点+1万円」などとなり、2点は2,000円相当の価値があります。

株主優待は改定された(減った)とはいえ、5,000株(1株44円換算でみると22万円)を保有していると、2,000円相当の還元があることになります。これは、佐渡航路を利用する人であれば、年約0.9%の配当があるのと同じで、低金利のこのご時世ではそれなりの配当です。

佐渡汽船によると、13日までには9日時点での株主名簿が出来上がるといいますが、44円の終値でも売却しなかった人は好条件の株主優待目当てにある一定数いるものと思われます。
そんな中、今後1株30円での売却がスムーズに進むのでしょうか。この点を佐渡汽船に聞いてみると、「1株30円での買い取りは株主総会で決定したことなので、粛々と手続きを進めていくだけだ」との回答が返ってきました。

#佐渡汽船 #みちのりホールディングス

記事 にいがた経済新聞 2022/5/9
https://www.niikei.jp/406967/
* * *

【にい経NEWS】YouTubeチャンネル登録も宜しくお願いします!
↓↓↓ チャンネル登録 ↓↓↓
https://www.youtube.com/channel/UCAYv4HhaKcNf81ZmFHdPNcA?sub_confirmation=1

【にいがた経済新聞】にいがたをもっと身近に。
https://www.niikei.jp/

【にいがた経済新聞Twitter】
https://twitter.com/NiikeiNews

この記事を読んだ方へのおすすめ投資情報



「取引するのはたった1銘柄だけ!株価の予測なんて1mmもしない!1日5分の取引で年利100%を達成した『波乗り株トレード』」