東京外国為替市場のドル・円相場は連日で約20年ぶりの高値を更新した。国内外の金融政策の格差を意識した円売り圧力が続く中、国内のドル需要が相場を押し上げ、一時1ドル=133円29銭を付けた。終盤には日本

東京外国為替市場のドル・円相場は連日で約20年ぶりの高値を更新した。国内外の金融政策の格差を意識した円売り圧力が続く中、国内のドル需要が相場を押し上げ、一時1ドル=133円29銭を付けた。終盤には日本銀行の黒田東彦総裁の発言を受けて上げ幅を縮小する場面もあった。
Please Subscribe: https://www.youtube.com/channel/UCLbaLG92Nq8PFM6XeAc1OLw?sub_confirmation=1
Source: https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-06-07/RD4R4BDWLU6B01?srnd=cojp-v2
#東京外国為替市場のドル・円相場は連日で約20年ぶりの高値を更新した国内外の金融政策の格差を意識した円売り圧力が続く中、国内のドル需要が相場を押し上げ、一時1ドル=133円29銭を付けた終盤には日本銀行の黒田東彦総裁の発言を受けて上げ幅を縮小する場面もあった

この記事を読んだ方へのおすすめ投資情報



「取引するのはたった1銘柄だけ!株価の予測なんて1mmもしない!1日5分の取引で年利100%を達成した『波乗り株トレード』」