東京外国為替市場のドル・円相場は約24年ぶり高値付近まで上昇した後、反落した。利上げを加速した米国と緩和維持を決めた日本との政策かい離を手掛かりにドル買い・円売りが先行。しかし、急激な引き締めによる米

東京外国為替市場のドル・円相場は約24年ぶり高値付近まで上昇した後、反落した。利上げを加速した米国と緩和維持を決めた日本との政策かい離を手掛かりにドル買い・円売りが先行。しかし、急激な引き締めによる米景気後退懸念が根強く、日本株が下げに転じる中、1ドル=135円を割り込んだ。午後には日本銀行の黒田東彦総裁が岸田文雄首相と会談したが、目新しい材料は出ず、相場への影響は限定的だった。
Please Subscribe: https://www.youtube.com/channel/UCLbaLG92Nq8PFM6XeAc1OLw?sub_confirmation=1
Source: https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-06-19/RDQTMAT0G1KX01?srnd=cojp-v2
#東京外国為替市場のドル・円相場は約24年ぶり高値付近まで上昇した後、反落した利上げを加速した米国と緩和維持を決めた日本との政策かい離を手掛かりにドル買い・円売りが先行しかし、急激な引き締めによる米景気後退懸念が根強く、日本株が下げに転じる中、1ドル=135円を割り込んだ午後には日本銀行の黒田東彦総裁が岸田文雄首相と会談したが、目新しい材料は出ず、相場への影響は限定的だった

この記事を読んだ方へのおすすめ投資情報



「取引するのはたった1銘柄だけ!株価の予測なんて1mmもしない!1日5分の取引で年利100%を達成した『波乗り株トレード』」