東京外国為替市場のドル・円相場は約24年ぶりの高値を更新後、1ドル=136円前半へ反落した。株高を背景に円売りが進んだ海外市場の流れを引き継いで始まったが、急激な円安に対する警戒感もある中で、米株価指

東京外国為替市場のドル・円相場は約24年ぶりの高値を更新後、1ドル=136円前半へ反落した。株高を背景に円売りが進んだ海外市場の流れを引き継いで始まったが、急激な円安に対する警戒感もある中で、米株価指数先物が下落。リスク選好の巻き戻しからクロス円(ドル以外の通貨の対円相場)が反落していることや、米長期金利低下が重しとなり値を切り下げた。
Please Subscribe: https://www.youtube.com/channel/UCLbaLG92Nq8PFM6XeAc1OLw?sub_confirmation=1
Source: https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2022-06-21/RDULBGT0AFB401?srnd=cojp-v2
#東京外国為替市場のドル・円相場は約24年ぶりの高値を更新後、1ドル=136円前半へ反落した株高を背景に円売りが進んだ海外市場の流れを引き継いで始まったが、急激な円安に対する警戒感もある中で、米株価指数先物が下落リスク選好の巻き戻しからクロス円(ドル以外の通貨の対円相場)が反落していることや、米長期金利低下が重しとなり値を切り下げた

この記事を読んだ方へのおすすめ投資情報



「取引するのはたった1銘柄だけ!株価の予測なんて1mmもしない!1日5分の取引で年利100%を達成した『波乗り株トレード』」