ロンドン外国為替市場1ドル= 24年ぶりに初めて136円範囲。

[NHK] 21日のロンドンの交換市場では、円の販売とドルの購入の動きが増加し、円の価格は一時的に1ドル= 136円に引き下げられました。
#ロンドン外為市場1ドル136円台 #24年ぶり円安ドル高水準に #NHK #1ドル150円も視野日銀財務省金融庁異例の声明発表でも止まらない円安ドル高海外ニュースを見ながら解説する円安ドル高平田悠貴一月万冊
21日のロンドン外国貿易市場では、ドルとドル購入の動きが増加し、円価格は1 = 136円に引き下げられ、円は約24年ぶりにサミットを減価しました。

21日のロンドン外国貿易市場では、大規模な金利を促進する米国との金融政策の方向性と、大規模な金銭的規模であり続けている日本は、ドルとドルの購入を認識し続けています。田。

その結果、円価格は一時的に1 = 136円で下落し、1998年10月以来、円は約24年間ドルで高くなっています。

円はユーロに落ちました。

市場当局は、「日本の金融政策が変わるという兆候がないため、日本と米国の金利の拡大を認識しており、状況は現在引き続き売却され続ける可能性が高い」と述べた。

この記事を読んだ方へのおすすめ投資情報



「取引するのはたった1銘柄だけ!株価の予測なんて1mmもしない!1日5分の取引で年利100%を達成した『波乗り株トレード』」