【予測も的中】日米為替の歴史からわかる現在の円安の原因とは?

【有料版】『ワールド・フォーキャスト』の詳細はこちらから↓

https://in.worldforecast.jp/FUWF_2019_control?cap=YT

(※初月無料、解約制限一切なし)

=====================

『ワールド・フォーキャスト』とは?
国際政治学者・藤井厳喜先生による情報配信サービスです。
(月に7本程度配信、合計7時間程度の解説動画をご覧いただけます)

1.事実に基づいた真実、未来予測
ワールド・フォーキャストにはスポンサーや利権などのしがらみは一切ありません。世界で起こる真実をあるのまま、分かりやすくお届けします。

2.過去のアーカイブが見放題
最新号はもちろん、先月やそそれ以上前のコンテンツも全て見放題です。また不定期で速報配信や対談企画、特別企画などもお届けします。

3.初月、無料お試し
とはいっても実際に見てみないと満足して頂けるかはわかりません。なので、まず試して頂き、よければそのまま続けていただくという形を取っています。気軽にお試し下さい。

藤井厳喜の『ワールド・フォーキャスト』の詳細はこちらから↓

https://in.worldforecast.jp/FUWF_2019_control?cap=YT

※『ワールド・フォーキャスト』に関する問い合わせは下記連絡先まで、お願い致します。販売元:ダイレクト出版株式会社
https://support.d-publishing.jp/hc/ja

ーーー
↓↓機械による文字起こしをご提供中↓↓

※誤字・脱字等が含まれる場合がございます。

我々の国の円安の話からさせていただきます。これは今アメリカがどんどんインフレで金利を上げている。だから金利格差でドルが強くなって、円が弱くなっているという話をしますけども、これは必ずしもそうではないんですね。為替が動くにはいろんな理由がありますけれども、私は去年の7月ぐらいから長期円安が始まったよと、50年の円高が終わったんだという話をしております。これはどういうことかと言えば、日本経済全体が要は弱体化しているということですよね。

日本が元来第2次大戦後、製造業の国として、経済を繁栄させてきた。そして、世界に売れる非常に魅力的なプロダクツ、製品を、世界にどんどん売ってきたということですよね。それが自動車であったり家電製品であった。それは日本の黄金時代70〜80年代だったわけですよね。そういう国際的に競争力のある魅力ある製品が、日本が今は作ることはできなくなってきているということ。

そして、貿易収支は既にもう赤字ですし、それにサービス貿易とお金の短期のやりとりも加えた経常収支、これもだんだんもう赤字化してくるという体制です。そうすると、やがては在外資産を海外に持っている資産を取り崩して、日本に戻して、何とか日本が食っていく、ということになってしまうんじゃないかと。そういうプロセスにもう大体入ってきていると思います。これは在外純資産、借金を貸してる方と借りている方を差っ引いた純資産、海外に持っている純資産が日本は世界一で、もう確か30年ぐらい世界一を保っているんですけれども、これがいよいよ没落してくるということなんですね。

そして、食料やエネルギー、これは輸入に頼っているところが多いですが、ウクライナ戦争、それから武漢コロナウイルス、こういうパンデミックや戦争という危機状態になると、日本経済の弱点が露呈されますね。食料を外国に頼っている、そして、エネルギーを輸入にほとんど頼っているという状況ですよね。

そういったものが合わさって、今の円安ということに帰結している。これは非常に長期的な話ですね。これは円というものの強さは、基本的に何で決まるんだといったら、やっぱり日本経済全体の強さですよね、円の価値は何が支えているんだと言えば、円を持っている我々がどれだけ質のいいサービスや、製品を買うことができるのか。別の言い方をすると、日本経済がどれだけ質の良いサービスや、製品を生み出すことができるのかというところに、長期的にはかかっているわけです。それが魅力的な製品、世界で競争力のある製品やサービスを生み出すことができなければ、これは円の価値が下がっていくというのは当然のことですね。

明治の初めはアメリカのドルに対して1ドル1円でした。戦争前昭和9~11年ぐらいですね。まだ本格的な戦争が始まる前、このとき大体1ドルは2円ぐらいという時代、これは安定した時代でした。それが戦後は1ドル360円になったんです。しかし、実際に話を聞きますと、占領軍が来て、1952年に日本が独立するまで、特に初期なんかは、1ドル400円、500円だったと言いますね。実際の交換レートは。それは戦争に負けてしまって、日本経済が弱くなったからです。

そして、日本中アメリカのB29の爆撃なんかでやられまして、そして、日本の経済がものを生産する力がものすごく劣っている。生産基盤を全部壊されてしまったわけですよね。そして、戦争中に政府はどんどん通貨を発行いたしました。国債も発行しました。実際は国の生産力は落ちているのに、通貨だけがものすごい勢いで膨張してしまった。ほっておけばインフレになるんですけども、戦争中は統制経済ですから、表向きの値段としては物価が値上がりしていません。

しかし闇市場、実際の市場経済では、ものすごいインフレが起きていた。戦争で統制経済が取っ払われたものですから、実体経済が表に出てきた。実際の市場のものとお金の比率がそこで現実になってしまった。それでハイパーインフレになったということですね。そして、その前提で円の関係をもう一度設定しようということで、1ドル360円に落ち着いた。しかし、1ドル400円、500円であったということですね。それが要するに戦前の500円ということであれば、1ドル2円だったものが250分の1の通貨価値になっちゃった。それは日本経済が物を生産する力がなくなったから、敗戦したからということですよね。その逆がずっと70年代から続いていた、円高、日本が魅力ある製品を作って、そして、世界に売れる。そして、貿易黒字を稼ぎ出す経常収支も常に黒字である。そして、海外にいっぱい資産を持っている、そういう強い国だったから、円高というものがずっと続いてきた。

それがやっぱり人間には記憶がありますから印象が残っています。日本経済が実際バブル崩壊から弱くなっていても、やはり日本経済強かった時代のイメージでした。海外のマーケット3ヵ所も動いているわけですから、それで円高というものが、実際の日本経済の実力よりも長く続いたということなんです。2011年の3・11東日本大震災のときは普通常識的に考えれば 、日本経済がものすごいダメージを受けたんだから、円安になると思うんです。ところが、あの時円高になったんですよね。1ドル75 円台まで進んでしまう。恐ろしい円高になりました。この時、今言ってるような金利格差は関係ないんです。これは何でそうなったかというと、その時には日本は国内でダメージを受けた。だから海外にある資産を売り払って国内にお金を戻すだろう。そうやって日本の復興を図るだろうという思惑で、円がどんどんどんどん買われていった。これは思惑で買われていくわけです。実際にそういう行動を日本人は取らなかったわけなんですけれども、企業でも何でも海外に持ったり資産を国内に戻した、それは起きてないんですよね。しかし、そういう思惑だけで動くわけです。

そうすると現在、実需で動いている貿易とか、実際の投資額の10倍、30倍、50倍、時には100倍ぐらいのお金が、為替取引だけで、為替の投機で動くわけです。為替自体で儲けようということで動いているということです。これは先物取引を含めてですね。そういうことになってきますと、これはもうその時々の情報で、先行きの思惑で動いていくということなんです。

前もお話ししましたけど、金利格差で常に金利が高い国の方が通貨が強いのかというと、そうでもないんですよね。そして、金利が低い国の通貨が弱いのかというと、そういうわけでも必ずしもありません。1994年に1ドル79円まで行きました。だけれどもその時、日本の国で金利はものすごく低かったし、さらに低く誘導していたんですね。

実際の国債を中心とする、国際的な債券相場なんかを見ますと、金利が上昇傾向、絶対的に高い低いではなく、金利がこれから高くなっていくよという国の債券、既に売っている既発債と言いますけど、既に発行している債券は安くなっていくんですね。ですから債券相場だけ見ていると金利が上がっていく国の債券相場は暴落して、そのお金は外国に逃げていってしまう。ですから逆に、これからもっと高い金利の国債が出てくるとすれば、今までに出ている国債というのは価値がなくなる。そういう意味でそういうところにお金が集まらない。むしろ嫌われる、逆に債券価格が今後債券の金利利回りが、確実に低くなっていくよという国では、既発債、既に債券市場に出回っている債券の値段は上がるわけですね。ですから、そういった国ではみんな債券投資している人たちは、買いたがるということで、絶対的な高さというよりも、むしろ動いている方向性によって、債券相場にお金が集まるか出ていくかが決まる。それも上昇傾向にある時の方が、金利が上昇傾向に確実にあると思われる時の方が、債券相場はむしろお金が逃げていくという傾向がある。だから、債券相場だけで決まるなら、今アメリカのドルはむしろ弱くなるはずなんですが、これは債券相場だけでお金が動いているわけではないということですよね。

とにかく、日本がロングタームで経済が弱くなっているということ。そこが問題なんだよと。それがさらにパンデミックとか、戦争とかいうことで弱点が露呈してる。ですから、長期の円安というものはなかなか避けられないというふうに思います。

この記事を読んだ方へのおすすめ投資情報



「取引するのはたった1銘柄だけ!株価の予測なんて1mmもしない!1日5分の取引で年利100%を達成した『波乗り株トレード』」